あやのまるの日々の記録

いろんなことを書いていきます。

豆まきを、毎年欠かさなかったこと。

今週のお題「鬼」

 

こんばんは。あやのまるです。

 

自分にとっては2回目の「今週のお題」は「鬼」がテーマです。

 

「鬼」かあ〜、と何を書こうかな、といろいろ思いを巡らせてみました。

マンガ・アニメ好きとして、一世を風靡した鬼と戦うあの作品について書こうかなー。いやいや、これまで出会った「○○の鬼」について(上弦とか下弦とかでなく「仕事の鬼」とかそういうやつ)とかでも面白いかも!

とか色々考えたのですが、今回はテーマど真ん中の「節分」で書きます。

 

 

今年は豆まきしましたか?恵方巻、食べましたか?

私はしなかったし食べませんでした。節分当日、平日でなかなか忙しかったというのもあり、準備が面倒だったというのもあり。

でも思い返してみると、1人暮らしを始める前まで実家で家族と過ごしている間は本当に毎年欠かさず節分には豆まきしてました。恵方巻も食べてました。

 

1人暮らし始めてから、「親ってすごかったんだな……」と思うタイミングってたくさんあったのですが、コレもその1つです。

毎年、節分になると、絶対豆まき用の豆が用意されていました。恵方巻なんて、百貨店で売っているような結構いいやつを事前予約してまで買ってくれていました笑

(ちなみに恵方も調べてそっち向いてちゃんと家族みんなで黙って食べました。思い返すとなかなか真面目一家だしシュール。)

 

実家の母から「今日は節分だね」とLINEが来て、「そういえばそうだな、、、」と気づいた今年の節分。母は今年も豆まきをしたようですが、私は1人暮らしを始めてからしていないなーとハッとしました。

 

当たり前の行事だと思っていたけど、全然当たり前じゃなかったんだな。

家族みんなの分が揃った恵方巻も、節分豆が当日に用意されていることも、余った豆はお茶にしてしばらく飲んでいたことも。

 

うん、来年は豆まきしよう!恵方巻も食べよう!と心に決めた私でした。